読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初診時の転送義務と後知恵鑑定

報道によると,開業医が高次医療機関への転送を怠ったことによる損害賠償請求が認められたようです。 初診開業医に賠償命令髄膜炎の症状を見過ごされ、治療の遅れから転院先で死亡したとして、境港市の男性会社員(当時40歳)の両親が同市内のたけのうち診…

国民の健康を守るために不可欠なもの

小児科医である中原先生の過労死について病院側に損害賠償を求める裁判は高裁の控訴審は棄却でしたが,今回最高裁では和解という結果になりました。「小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会」でその詳細が報告されています。和解条項より引用: 申…

政権政策の重箱の隅

参院選挙を控えて民主党が「政権政策」資料を公表しています。公示後に提示される正式なマニフェストの概要ということですが,大筋は同じになるのでしょう。税制改革といった主要政策に関してはきっと他でツッコミが入ると思われるので,当方は重箱の隅をつ…

ニセ医者騒動と医籍検索システム

岩手県立宮古病院に医師として着任予定の一宮輝美容疑者(44)が無資格だったとして医師法違反容疑で逮捕された事件で、インターネットで医師資格の有無を確認できる厚生労働省のデータベースの存在を病院が知らなかったことが11日、わかった。 ニセ女医…

連休前の対応

連休前にかかりつけで咳止め2週間分、「熱が出た時用」抗生物質1週間分を出されたという子どもが、 熱が下がらないと来院。いくら連休中休診でもこんな処方はNGだ。親もこんな処方に喜んだり安心したりしてはいけない。これは「念のため」ではなく「テキトー…

「SiCKO」は終わらない3

アメリカで医療保険改革法案が成立しました。日本のメディアではオバマ氏が強力なリーダーシップで困難な改革を成し遂げた,という論調です。成立までに相当苦労したことはたしかでしょう。単一支払い公的保険の導入は早々に消え去り,民間保険への加入を促…

心が限界集落

人口1000人規模の自治体に他県から移住して公立診療所で勤務しているという先生と個人的なお付き合いがあって,始めた当初の苦労話なども聞かせて頂いたのですが,やはりプライベートにあれこれと口を出されたり,コンビニ診療を要求されたりしたこともあっ…

政策による医療の崩壊

出産一時金支払制度によって出産費用の未払いがなくなれば医療機関側の負担が減るはずだったのに,2か月後の支払いまでの収入が途絶えてしまい,むしろ経営に打撃を受ける事態となっています。一経営者としては,2か月も運転資金が止められるなんてあまり想…

「コンビニ受診」とは何か

「コンビニ受診」は本当に医療崩壊の原因か? - JB PRESS 個人的には,医療崩壊の原因は医療に対して理念の上でも物理的にも実現不能な要求がされていることだと考えています。その意味では「コンビニ受診」はそうした問題を顕在化させたきっかけにすぎない…

タイムカードにお願い

病院勤務医もタイムカード 中医協、特別料金は見送り - 47news cache 中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は27日、過重な労働が問題となっている病院勤務医の負担軽減策について、タイムカードで勤務時間を把握するなど労働環境整備の…

自治体病院の「赤字」

地域医療 ~再生への処方箋~作者: 伊関友伸出版社/メーカー: ぎょうせい発売日: 2009/12/16メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 34回この商品を含むブログ (12件) を見る元自治体職員であり,現在は自治体病院のマネジメントを研究されている伊関先生の最新…

スーパードクターの弊害

「スーパー名医」が医療を壊す (祥伝社新書187) (祥伝社新書 187)作者: 村田幸生出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2009/12/10メディア: 新書購入: 4人 クリック: 74回この商品を含むブログ (5件) を見る医療ドラマに登場する「名医」にツッコミを入れつつ,医…

奇跡の医療ドラマ

奇跡の医療革命!お母さんたちが立ち上がった! - 経済ドキュメンタリードラマ「ルビコンの決断」:テレビ東京 兵庫県立柏原病院をめぐり、医師不足で廃止の危機に立たされた小児科を地元の若い母親ら(佐藤藍子)が大運動を起こして、よみがえらせた物語。…

ある財務省官僚から見た医療崩壊

医療崩壊の真犯人 (PHP新書)作者: 村上正泰出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2009/10/16メディア: 新書購入: 16人 クリック: 134回この商品を含むブログ (9件) を見る著者は財務省から厚労省保険局に出向して「医療費の適正化」を担当していた元官僚とのこ…

社会保障の個人勘定

命の値段が高すぎる!―医療の貧困 (ちくま新書)作者: 永田宏出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2009/07メディア: 新書購入: 1人 クリック: 13回この商品を含むブログ (16件) を見るタイトルや「結局,医療のツケはサラリーマン」といった帯の煽り文句から受け…

所詮は他人事2

「我々の業界ではこれぐらいのこと当然のようにやっているのにお前たちができないなんて文句を言うな」というよく見受けられる主張は意外と共感を集めたりするので厄介です。業界が違うのに同じ理屈が通用するとは限らないという反論はもちろんありますが,…

「SiCKO」は終わらない

オバマ米大統領が医療保険改革で議会演説、早急な対応求める - ロイター 無保険者をなくすという公約を果たすために医療保険改革に取り組んでいるオバマ大統領ですが,相当の抵抗に遭って苦労しているようです。これだけ大々的なアピールをするのはそれだけ…

救命病棟24時

はじめは「時をかける少女」を見ていたのですが,途中でチャンネル権が移行して「救命病棟」に変更されてしまいました。そんな成り行きで第1話を見たのですが,救急外来から離れてだいぶ経つ当方としては,医療的なツッコミは他の先生方にお任せしたいと思い…

所詮は他人事2

「病院勤務医、本当に逃げ出すほど忙しい?」−日医・藤原常任理事 - CBニュース 藤原委員は、中医協の検証部会が昨年度に実施した調査で明らかになった、医師1人が1日に診る外来診察患者数が平均28.0人(医師責任者は32.6人)、担当入院患者数が10.9人、1か…

診療の録音と電子化

医師と患者のやり取りを録音 電子カルテと一括管理 富士通が開発 - 産経新聞 富士通は18日、病院での診療時に医師と患者とのやり取りを録音し、電子カルテと連動させて保存できるシステムを開発したことを明らかにした。医師が患者にどんな局面でどういう…

新たなる利権の誕生

ssd先生のところで紹介されていた読売新聞の記事より引用。医師確保票になる - 読売新聞 国会議員が医師不足に悩む地元自治体のため、医師確保に奔走するケースが出ている。医師の人数が限られる県内では確保が難しいため、公立病院を抱える自治体側も、東京…

所詮は他人事

地元医師会のかなり高齢の先生が「医師が足りないところは強制的に行かせるべきだって新聞に書いてあったけど,確かにその通りだ」みたいなことを仰っていたのを聞いてしまいました。自分は絶対に無関係だと確信しているからこその台詞でしょうけど,そのあ…

読売新聞医療情報部の実力

自称「医療の読売」こと読売新聞医療情報部が取材したデータの数々をまとめた一冊です。数字でみるニッポンの医療 (講談社現代新書)作者: 読売新聞医療情報部出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/11/19メディア: 新書購入: 5人 クリック: 107回この商品を含…

病院PFI成功に必要な5つの条件

高知医療センター PFI解消協議へ - 読売新聞 民間の資金やノウハウを活用するPFI方式を全国の医療機関で初めて導入した高知医療センター(高知市)を運営する県・高知市病院企業団は16日、赤字体質の改善を目的に、経営業務を委託している特定目的会…

当直は時間外労働

県立奈良病院の医師が時間外労働に対する賃金の支払いを求めた訴訟の地裁判決が昨日出ていました。救急の受け入れや緊急の対応を行っている当直は時間外労働であり割増賃金を支払うようにという判決とのことで,至極当然だと思います。 医師の当直勤務は「時…

医師「宿直」問題というパンドラの箱

いつも拝見している産科医療のこれからで参議院厚生労働委員会での質疑の模様が紹介されていました。最後の方から引用(一部体裁を変更)。 梅村聡議員(51:01) (前略)これによることでパンドラの箱をあけることになるかもしれませんけれど、いままさにここに切…

医療志民の会

医療志民の会 発足記念シンポジウム -ロハスメディカル これはぜひ出席してみたいと思っていたのですが時間的に都合がつかずに断念。参加された方々からの報告のエントリもあちこちで立てられるでしょうから,今回はそれらを読んで我慢することにします。小…

東京都の迅速な対応

愛育病院の続報です。「愛育病院は厚労省と調整へ」−東京都が見解 - ロハスメディカル 恩賜財団母子愛育会・愛育病院(中林正雄院長)が総合周産期母子医療センターの指定を返上するとの意向を東京都に伝えていた問題で、東京都福祉保健局医療政策部の室井豊…

愛育病院に労基署が是正勧告

ロハスメディカルに速報が出てましたが,話の成り行き次第では大事になりそうな予感がします。 東京都港区の恩師財団母子愛育会・愛育病院(中林正雄院長)が今月、所管の三田労働基準監督署から、医師など職員の労働条件に関して、36協定を締結していないこ…

研修医に診てほしくないというひと

夜間救急外来で研修医が対応したことに対して不満をあからさまにするひとの話題*1が最近あちこちで取り上げられてました。医師の手薄な体制上そうせざるをえない医療機関側の事情と,自分だけは経験のある医師に診てほしいという患者さん側の意識のあいだに…

パンドラの箱に残ったもの

臨床研修 必修を半減 - 読売新聞 医師不足の一因になったとされる臨床研修制度について議論してきた厚生労働省と文部科学省の合同専門家検討会(座長・高久史麿(たかくふみまろ)自治医科大学長)は18日、必修の診療科(部門)の数を減らして研修プログラム…

英国の家庭医制度を紹介

現在厚労省の班会議で後期研修医制度について討論されています。今のところ各方面の関係者からヒアリングを行っている段階のようですが,今回はイギリスの家庭医に現地の状況を話して頂いたとのことです。 英国の家庭医制度を紹介―厚労省研究班 - CBニュース…

医療費ゼロの町

高齢者医療に税金、賛否 東京・日の出町 医療費ゼロ…現役世代に危機感 女性の平均寿命が全国で3番目に短い東京都日の出町が、75歳以上の「後期高齢者」の医療費を4月から無料化する政策を打ち出した。医療費の窓口負担分を町が全額助成するもので、昨年…

NHK「医療再建」を見てみました

前回のエントリで取り上げたNHKの医療特番を録画しておいたので先ほど見てみました。タイトルは「医療再建」ですが,内容を要約すれば結局「医師の計画配置は可能か?」ということになるのでしょう。VTRの内容,提示されるデータ,司会者のコメントはすべてこ…

通常運転

NHKスペシャル『医療再建』 - ステトスコープ・チェロ・電鍵 昨夜NHKで医療崩壊の特番があったようです。一応録画はしてまだ見てませんが,上記のエントリを拝見するだけでもう十分という気がしてきました。世論を誘導しようとする意図がまずあってそれに沿…

条件整えば僻地もOK2

前回のエントリでツッコミを入れた「検討会の調査だと医学生の多くも、給与など条件が整えば地方での研修も構わないと回答している」の件が気になったのでソースを当たってみました。ありがたいことにうろうろドクターさんのところで厚労省サイト内の資料が…

条件整えば僻地もOK

久しぶりの報道ネタ。本日の産経新聞社説は要するに「僻地医療崩壊を何とかするためには医師に対して規制が必要」という主旨で,おそらく各所でツッコミが入ると思われますが,個人的に気になったのは次のくだりです。 見直し案は、地域偏在解消のため、病院…

総理大臣の発言について

各種メディアが取り上げていますが,比較的再現性が高そうなソース(それでも断片的ですが)から引用。 (出席知事の医師不足に関する発言に対し)医者の確保をとの話だが、自分で病院を経営しているから言う訳じゃないけど、大変ですよ。はっきり言って、最も…

医療崩壊学講座

ssd先生のエントリ「すべてがFになる」からインスパイア。福島県の文化的背景を学ぶ講座を医学部内に置くというのであれば,いっそのこと医療崩壊に関する文化的・社会的背景を研究する「医療崩壊学」にしてしまったらどうでしょうか。研究内容は,医療崩壊…

結局は精神論

経済産業大臣の「失言」が各所で話題になっていますが, 政治の立場で申し上げるなら,何よりも医者のモラルの問題だと思いますよ。 忙しいだの,人が足りないだのというのは言い訳にすぎない という発言*1に対して当然のように抗議の声が上がったのを受けて…

規制緩和と地域格差

権丈善一先生のHPに掲載されていた社会保障国民会(雇用年金分科会)での発言より引用。 勿凝学問190「地方を活性化する」とか「中産階級を生む」とかというのは意図的にやらないとできっこないんです(PDF) もうはっきり言って、「地方を活性化する」とか、「…

医療破壊

今週の週刊東洋経済の特集は「医療破壊」。タイトルが「崩壊」よりさらに進んで「破壊」となっているあたりはインパクトがありますね。立ち読みするには記事のボリュームが多すぎるので買ってみました。昨年の春にも「ニッポンの医者・病院・診療所」と題し…

責任感が低下しているのは誰か

墨田区内で妊婦が脳出血で不幸にも亡くなられた件について,新聞やテレビをはじめとした在京メディアが連日大きく取り上げています。都内でも産科医が不足しているとか,救急搬送の体制に問題があるとか,少なくとも1年以上前から指摘されてきた事実の筈です…

産科崩壊前線

妊婦搬送7病院が拒否、出産後に死亡 東京 - 朝日新聞 こちらはすでにあちこちで取り上げられているし都知事へのツッコミも誰かがして下さるでしょうから当方が書くこともあまりないのですが,個人的にはとりあえず「都市部に偏在しているので地方へ強制配置…

過労死と安全配慮義務

医師の過労死、損害賠償請求を棄却−東京高裁 - CBニュース 小児科医中原利郎さん(当時44歳)がうつ病によって自殺したのは、最大で月8回に及ぶ宿直勤務をこなすなど過重な労働が原因として、遺族らが、勤務先だった病院を運営する立正佼成会の「安全配慮義…

病院への入院依頼

病院への入院依頼“困難”が35%超 - CBニュース 開業医が病院に入院を依頼する際、「(入院先が)見つかる」が62.5%だった一方、「見つからない場合もある」27.5%、「見つけるのに苦労する」8.0%の合わせて35.5%が入院に支障をきたしていることが明らかに…

白衣の蟻たち

白衣の蟻たち―医療崩壊と再生作者: 水野宏出版社/メーカー: ホメオシス発売日: 2008/02メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 2回この商品を含むブログ (1件) を見る医療崩壊系書籍としては比較的レアな部類かも知れませんが,アマゾンの関連商品で気になった…

医療崩壊はこうすれば防げる

医療崩壊はこうすれば防げる! (新書y)作者: 本田宏出版社/メーカー: 洋泉社発売日: 2008/07メディア: 新書購入: 1人 クリック: 30回この商品を含むブログ (10件) を見る医療系サイトでよくお見かけする先生方が述べられる医療崩壊に対する提言をまとめた本で…

日本の医療はなぜ私たちをラクに治してくれないのか

特集の見出しに釣られて買ってみました。責任編集はあの渋谷陽一氏。最近音楽系雑誌は御無沙汰でしたが,こんな雑誌も手がけてたとは今回初めて知りました。 SIGHT (サイト) 2008年 10月号 [雑誌]出版社/メーカー: ロッキング・オン発売日: 2008/08/30メディ…

医者は医療をしていた

お盆休みということもあって(?)長文になってしまいました。 福島県立大野病院「事件」の地裁判決を前に,NPO「医療制度研究会」主催の研修会が開催され,産婦人科医師,報道制作者,弁護士の3氏がそれぞれ見解を述べられています。個人的に興味深いのは,こ…