読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症のインフォーマルケアと費用

高齢化にともない認知症の患者が増え続ける中、去年1年間に認知症の人にかかった医療や介護などの費用は、およそ14兆5000億円にのぼるという初めての推計を、厚生労働省の研究班がまとめました。 認知症年間コスト 14兆円超 - NHK 首都圏 NEWS WEB …

混合診療解禁を巡る議論2

このところ「混合診療」の話題がメディアで取り上げられるようになりました。先日は安倍首相自ら保険外診療と保険診療が併用可能な制度を新設するように指示を出しています*1。 「保険診療と保険外診療を同時に受けた場合にも保険診療分の診療報酬が支払われ…

かかりつけ医と在宅医療

前回からだいぶ間隔があいてしまいました。在宅関連の診療報酬改定について,とりあえず新年度を控えた現時点での雑感を書き残しておきます。同一建物への訪問診療が大幅に引き下げられたことでこれまでの在宅主治医が撤収してしまい,有料老人ホームやサー…

在宅不適切事例の適正化

来年度の診療報酬改定について在宅関連だとやはり「在宅不適切例の適正化」(P55)が話題になっているようです。 在宅医療を担う医療機関の量的確保とともに、質の高い在宅医療を提供していくために、保険診療の運用上、不適切と考えられる事例への対策を進め…

主治医機能の評価?

来年度の診療報酬改定の概要が発表されたので先程目を通してみました。とりあえず何だこれ?と思ったのは「主治医機能の評価」(P42)という項目です。 外来の機能分化の更なる推進の観点から、主治医機能を持った中小病院及び診療所の医師が、複数の慢性疾患…

在宅医療のマッチング

朝日新聞のトップ記事に載っていたらしいです。ネットでは一部しか読めませんが無料登録すれば全文読めます。 朝日新聞デジタル:高齢患者紹介ビジネス横行 「先生いい話あります…」 - 社会 高齢者施設で暮らす患者をまとめて紹介してもらい、見返りに診療報…

在宅診療と診療報酬改定2

中医協が診療報酬の答申を行ったということでメディアでも取り上げられていましたが,見出しにはやはり「在宅医療推進」が目立ちました。メディアが「○○を手厚く評価する」と書くときには「(※ただし△△に限る)」という部分を省略していることが多く,今回もそ…

在宅診療と診療報酬改定

来年は医療と介護の診療報酬同時改定ということで現在議論が行われているところです。財源に関してはプラス改定という意見が早々に下火となり,争点はすでにプラスマイナスゼロかマイナスか,というあたりになっているようです。まあ震災復興で金がないから…

混合診療解禁を巡る議論

混合診療禁止の法的根拠について争われていた裁判は,最終的に最高裁で「法的根拠あり」の判断が下されたようです。 健康保険法に混合診療を禁じる規定はないが、国は法解釈で禁止してきた。その一方で、1984年の同法改正以降、特定の高度先進医療に限っ…

災害時の情報伝達

地域医師会で被災地での医療支援から帰って来た先生方の報告会を聴きに行きました。やはり物資が不十分な状況な中では相当な苦労もあったようですが,現地でのコーディネートが機能していたので人員の配置は比較的スムーズだったとのことでした。このあたり…

長谷川レポートの否定

「医師需要予測は不可能、やるべきではなかった」:日経メディカル オンライン 2006年の厚生労働省「医師の需給に関する検討会」の論拠となった医師数の需要予測については,医師の必要数が過小に評価されていること,長期的には医師の需要は十分であること…

後期高齢者医療制度を廃止したあとは2

猛暑のため脳の活動が低下気味で140字以上の文章を書くのが困難となり,しばらくこちらを更新できませんでした。なんとか涼しい時間帯を見つけてせめて週に一回くらいはエントリを書きたいと思っています。 さて,後期高齢者医療制度廃止という公約に沿って…

付録つき厚生労働白書

久しぶりに医療ニュースを取り上げてみます。 「社会保障は、行政と国民との信頼関係なしには成立し得ない。厚生労働省が自らその基盤を崩してしまってきたことは誠に申し訳なく、率直にお詫(わ)びを申し上げたい」。2010年版厚生労働白書は、「お詫び…

財政健全化と社会保障政策

社会保障政策に関する民主党のマニフェスト案がまとまったようです。 最終案は、財政健全化の重要性を強調。「財政健全化のため、成長戦略の具体化と推進、社会保障制度の再構築を図る」とする一方で、「抜本的な税制改革(消費税を含む)などによる歳入改革…

事業仕分けと社会保障政策

あくまで報道を踏まえた個人的見解ですが,事業仕分けによってこれまで手付かずだった公的機関の運営が見直される契機になるとはいえ(その効果を見極めるにはある程度の時間がかかると思われます),当初謳っていた原資が捻出できない時点で,現政権において…

「かかりつけ医」政策への個人的見解

患者さんが専門医を直接受診することで負担がかかっているので「かかりつけ医」「総合医」を育成してそちらを受診するようにすればいいという見識があって,確かにうまくいけばよさそうな話に聞こえるし,だからこそ厚生労働省も学術団体も日本医師会も(それ…

後期高齢者医療制度を廃止したあとは

後期高齢者医療制度というのは医療リスクの高い集団を別勘定にしたうえで診療報酬を包括払いにして総額を抑制するという意図だったと理解していますが,結局は政治的に受け入れられず廃止となりました。もしそうならなくても医療費抑制が目算通りに運ばずに…

診療明細書についての院内掲示

4月から廃止された電子化加算(3点)の代わりということで新設となった明細書発行体制等加算(1点)ですが,これを算定してもしなくても明細書は原則として患者さん全員に発行することが義務付けられています。 医療費の内容の分かる領収証及び個別の診療報酬の…

新型インフルエンザ総括会議

http://twitter.com/#search?q=%23flurev 厚労省で行われている新型インフルエンザの総括会議の模様がYoshiaki GuさんによりTwitterで実況されていたのを追っていたら昼休みがすっかり潰れてしまいました。基本的に尾見先生が水際作戦とか学級閉鎖といった一…

診療報酬点数の起源

vol 103 診療報酬体系成立の歴史を検証する - MRIC by 医療ガバナンス学会現在の保険診療における診療報酬にはいろいろと不可解な点がありますが,そのうちのいくつかについて,今回カラクリを知ることができました。以前から思っているのが,なぜ1点=10円…

診療報酬請求査定の基準

レセプト審査、査定の判断に「支部間差異」―支払基金の報告書 - CBニュース 社会保険診療報酬支払基金が3月15日に公表した報告書によると、医療機関が提出したレセプトを各都道府県支部の審査委員会が審査する際、同じ事例を審査しても、保険診療のルールに…

ワクチン行政の行く末

予防接種法「遅くても5年で抜本改正」−足立政務官 - CBニュース 3日の政策会議では、「予防接種法及び新型インフルエンザ予防接種による健康被害の救済等に関する特別措置法の一部を改正する法律案」の概要について、足立政務官らが与党議員に説明した。出席…

政策による医療の崩壊

出産一時金支払制度によって出産費用の未払いがなくなれば医療機関側の負担が減るはずだったのに,2か月後の支払いまでの収入が途絶えてしまい,むしろ経営に打撃を受ける事態となっています。一経営者としては,2か月も運転資金が止められるなんてあまり想…

任意接種は必要性が低い?

定期接種と任意接種のちがいというのは,医療行政的なタテマエとしては,対象となる感染症の重症度やワクチンの有効性によるもので,要するに必要性が高いからということになっていますが,現実には必ずしも公衆衛生学的な必要性だけでなく,医療行政の遅れ…

無理筋の行政処分2

厚労省医政局が独自の行政処分を強行するという情報があってその後どうなったのか気になっていましたが,昨日付で処分対象者が発表になったようです。現時点で厚労省のサイト上には反映されていませんが,某新聞が例年通り処分対象者全員の氏名を公表してい…

看護師の裁量拡大

医師が過重労働で疲弊しているので看護師の裁量を拡大して負担を減らす,みたいな話は以前からあって,最近になって制度化の動きが出ています。理屈からいえばそうした理念を実現できそうなのは,医師が医師本来の業務によって忙殺されていて,なおかつ看護…

シナリオと政治主導

19日の感染症分科会予防接種部会による一次提言(PDF)の概要が各紙で報じられていましたが,ロハスメディカルによる議事録を拝見するとすこし様相が異なっていて,今回の新型インフルエンザ騒動のさいの「パッチワーク」的な措置を今後も法制化して定着させる…

在庫処分

新型ワクチン後始末余話 - 新小児科医のつぶやき 保健所からのお達し - ステトスコープ・チェロ・電鍵 当院にも同じような通知が送られてきました。口語訳すると「まさか余分なワクチンを抱えているようなところはないとは思うけど,もしいればお互いに融通…

統合医療による医療費の抑制

「統合医療」推進へチーム設置 効果や安全性を分析 - 47news cache 西洋医学に漢方や自然療法を取り入れた「統合医療」推進に向け、厚生労働省は11日までにプロジェクトチーム(PT)を設置、効果や安全性の本格的分析を始めた。推進は民主党がマニフェス…

アンケートで決める政策

重要政策に世論調査活用へ 後期医療・年金などで厚労相 - 朝日新聞 cahce 長妻昭厚生労働相は、後期高齢者医療制度(後期医療)や年金問題などの重要な政策課題に世論調査を活用する検討に入った。国民の声を政策に反映させる狙いで、「国民から送り込まれた…

民主党政権の社会保障モデル

最近どうも存在感が感じられなかった長妻厚労大臣が講演のなかで今後の社会保障について述べています。長妻厚労大臣、「医療費はコストではなく未来への投資」 - 日経メディカルオンライン こうした事態を避けるためにも、世界に誇ることのできる社会保障モ…

診療報酬と自己負担

診療報酬改定答申案が公表されて各紙で報じられています。入院費への配分を増やしたため患者の自己負担も増えることになる,という書き方の記事が多いようですが,「入院に関する診療報酬を増やしたことで勤務医の待遇改善につながる」という言い分に関して…

政権交代と政策決定のプロセス

診療報酬改定の山場である(らしい)再診料も大方の予想通り,従来の病院と診療所の点数の中間で統一,ということになりました。診療側と支払側の主張が折り合わずに公益委員の裁定で決着という,型通りの手続きです。「再診料等に関する公益委員の提案」 ─ 遠…

部屋を散らかしたのは誰?

医療機関の情報公開と患者のプライバシー - ロハスメディカル 自分の部屋は非常に散らかっていて片付けていない。だから、お客さんが僕の部屋に入ろうとすると、いろいろと理由を付けて「入ってくれるな」と言うんですけど、どうしても「入ってくる」と言っ…

診療報酬明細書は全員に必要か

中医協で詳細な診療報酬の明細書を原則として患者さん全員に無料で渡すべきであるという原案が出されました。議論はかみ合わず継続審議となったようですが,明細書を発行することじたいは誰も反対していなくて,「情報を知りたくない患者さんもいるのではな…

外来自己負担の増額は医療費を抑制しない?

米国高齢者の外来自己負担の増額で、入院が増加。 - 疫学批評 米国の65歳以上が加入する連邦政府の医療保険メディケアを運用し、2001−2006年に外来診療の患者自己負担額を増額した18医療保険組合と、増額しなかった18医療保険組合を比べたところ、増額から1…

タイムカードにお願い

病院勤務医もタイムカード 中医協、特別料金は見送り - 47news cache 中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は27日、過重な労働が問題となっている病院勤務医の負担軽減策について、タイムカードで勤務時間を把握するなど労働環境整備の…

中医協公聴会@聖地

「地域医療がドミノ倒し的に崩壊」 ─ 中医協公聴会で窮状を訴え - ロハス・メディカル 診察や検査など医療行為の値段を審議する厚生労働相の諮問機関・中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は1月22日、福島市の福島県文…

自治体病院の「赤字」

地域医療 ~再生への処方箋~作者: 伊関友伸出版社/メーカー: ぎょうせい発売日: 2009/12/16メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 34回この商品を含むブログ (12件) を見る元自治体職員であり,現在は自治体病院のマネジメントを研究されている伊関先生の最新…

「SiCKO」は終わらない2

アメリカでは医療保険改革法案の成立があいかわらず難航しています。議会を通したまではよかったのですが得票のために様々な妥協が重ねられた結果,今度は上下議院それぞれの法案を調整するのが困難になっている模様です。さらに,先日行われた補欠選挙で民…

無理筋の行政処分

厚労省が医師を敵にまわす時 - 木村盛世オフィシャルwebサイト これまで刑事処分の後追いばかりしていた厚労省医政局が独自の行政処分を強行するらしいという話です。もちろん建前では独自に行政処分を下していけないわけではないのですが,今回のは刑事訴訟…

しっかりやれば減らさない

当分のあいだ中医協関連の話題が多くなります。基本「どこまで悪くなるか」という立場ですが,個人的に切実でもあり,つい取り上げてしまいますが大目に見てください。 地域医療しっかりやる開業医は診療報酬減らさない 足立政務官 - CBニュース 中医協に諮…

700億円増だと思っていたら

勿凝学問 282 国債11兆円の増発で医療費700億円増だと思っていたら、実質±ゼロ改定らしい(PDF) 「実質±ゼロ改定」ってホントウなんだろうかと思っていたら、今日、日本福祉大学の二木立先生から連絡がきて、改定財源を巡る今回の財務省と厚労省の折衝の中で…

救急外来での特別料金徴収

報道されている中医協での議論のひとつに「救急外来での特別料金徴収」をルール化するというのがあります。時間外に救急外来を受診した患者さんから本来の保険診療以外に特別料金を算定することで,不要不急の受診を抑制しようという目的です。これは新しい…

「総合医」を3割に

10年後の総合医数、「少なくとも医師の3割」 - CBニュース 医療提供体制は、開業医が原則として総合医の役割を果たす「地域医療を行う診療所」、中小の地域密着型の「地域医療を行う病院」、高度な技術・機器を備えた「専門医療を行う病院」の3つに機能分化…

国民皆保険制度のメリット

ssd先生の記事にTB…しようと思ったらできない模様。 国民皆保険制度とは、 国にとっては医療費を抑制する世界でもっともうまくいっているシステム 「厚生省」官僚にとっては、許認可権という権力の源泉・象徴 保険者には、国と同様給付水準を下げ止まりにし…

分かりにくいことは悪いことか

厚労省の資料に目を通していたのですが,ところどころに見うけられる「分かりにくいために見直しとする」という表現が個人的には気になります。まあ,官僚的文辞を表記通り受け取るほうが間違っているし,もし「そもそも分かりにくくしたのは誰なんだ!」と怒…

中医協は始まったけど

来年の診療報酬改定に向けて中医協での議論が始まりました。といっても始まった時点で筋書きはだいたい完成しているのでしょうし,医療政策における中医協の影響力は現政権においてそれほど高くないことは分かっているのですが,といって無関心でもいられま…

高齢者医療制度素案

高齢者医療、65歳以上は国保に加入 厚労省が新制度素案 - 日経新聞 厚生労働省は、65〜74歳と75歳以上を区分した現行制度に代わる新しい高齢者医療制度の素案をまとめた。65歳以上は原則として、自営業者や無職の人が加入する国民健康保険(国保)に加入する…

真の勝者

ガバナンス・国を動かす:第1部・政と官/3(その1) 日医退けた「病院族」 - 毎日新聞 cache 「病院族」。厚労省内には、検討チームのメンバーや上氏らをこう呼ぶ官僚がいる。自民党の族議員や日医に代わり、自分たちの知らないところで政策に影響力を及…