「真実」の究明5


大淀病院産婦人科医師を支持します。問題となっている不幸な転帰に関して,「真実を知りたい」という希望と,被告という立場に立たされてしまった医師個人の責任ではない事は両立しうると考えます。