読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「誰が日本の医療を殺すのか」を読む

誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実 (新書y)

誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実 (新書y)


本田宏先生が講演などで日頃発言されている主張をまとめた一冊。誤った医療行政のために現場が疲弊しており,その対策として医療費と医師数を国力に見合うように増やすべきであるという主旨です。確かに,これまで現状から乖離した医療費削減政策を続けてきた医療行政は批判されてしかるべきです(このブログでも批判してきました)が,ほぼ行政批判一本という構成はこの本を手にとって読むであろう非医療・一般の方にとっては非常に判りやすい一方,やや単純化しすぎの様な気もしました。もちろん本田先生は患者側の意識の変化や,医療報道によるミスリーディング,医療裁判などによる複合的問題も十分ご承知でしょうし,新書ということも考慮してあえて論点を絞ったと想像しますが。

さらには医療費増加の財源に関しては特別会計公共事業費から捻出するという具体案まで踏み込んで提案されています。公共事業費を削減するとまた別の影響もあったりするんでしょうし,増税を行ったり,社会保険の負担を増やしたりといった別の選択もあるのかも知れませんが,正直なところ当方如きの知識ではそれぞれの政策におけるメリット・デメリットまで検討することは無理そうです。実際にはそうした検討の上で政治的判断ということになるんでしょう。