読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医者は医療をしていた


お盆休みということもあって(?)長文になってしまいました。


福島県立大野病院「事件」の地裁判決を前に,NPO「医療制度研究会」主催の研修会が開催され,産婦人科医師,報道制作者,弁護士の3氏がそれぞれ見解を述べられています。個人的に興味深いのは,こういう議論に当事者としてあまり参加することがないメディア側の主張です。


大野事件から三次試案を振り返る―医療制度研究会 - キャリアブレインニュース

真々田氏は、テレビ局のプロデューサーから、「医療が旬になってきたから取材してみないか」と声を掛けられたことをきっかけに、07年6月に6人の内科医が一斉退職した大阪府の病院を半年間取材した。取材の過程で、医師の不足や過重労働の問題などを理解した。

当初は視聴者からの批判を懸念していたが、予想外に反応が良かったという。真々田氏は「きちんと伝えれば分かってくれるのだと思った。『こんなに医者が頑張っていると知らなかった。もっと伝えてほしい』との感想があった」と紹介した。

きっかけはともかく,通り一遍の取材だけではなく現場の実状もご理解頂いていると考えてもよいかと思います。また,実状を視聴者に伝える努力もされているといのことです。その一方で,医療者側にも問題があったと述べられています。

取材をする中で、個々の医者が頑張っている姿しか見えず、医療者の集団が見えてこないからだ。日本医師会も学会も勤務医の声を代弁していない。誰の声を聞けばいいのか。集団としてのまとまりのなさに、ある種情けなさを感じる。

確かに医師という職種の特徴として職人気質のところがあり,これは医師に限らず専門性が高い職業一般に言えることでしょうけど,自分の知識や技術に信念を抱く一方で,その裏返しとして他人との協調性を欠くところはあるように思えます。集団としてまとまった見解を出すのはどちらかといえば不得手なのかも知れません。

医療が悪くなっていることを伝えてこなかったわたしたちは『マスゴミ』と呼ばれても仕方がないと責任を痛感する。では医療者は何をしてきたか。現場で毎日が厳しくなり、医者が足りなくなっていると、医療界全体として発言してきたのか。医療を今後、どんなものにしてほしいか、医療界が知恵を集めて提言してきたことがあったか。

4月12日の超党派議連のシンポジウムで、ある医師が『何をしてきたと言われたら、医者は医療をしていた』と言った。『うまいことを言う』と思ったが、一種の逃げ口上だ。マスコミがそう言われたら、『1日24時間、番組に穴を開けないために必死だった』と答えるのと一緒。しかし、それでは責任を果たせない。

「『マスゴミ』と呼ばれても仕方がない」まで仰られるのにはこちらが恐縮してしまいます。そう呼ばれるべき方々はこうした場に姿を現しませんから,と申し上げたくなります。当方なりに解釈すれば,個人がいくら声を上げても,医師全体の意志として発言しなければ伝わらないし,それをやってこなかったのでは責任を果たしたとは言えない,という主旨かと思います。


とはいえ「知恵を集めて提言してきたこと」がない,というのは事実に反すると言わざるを得ません。「日本医師会も学会も勤務医の声を代弁していない」のは否定しませんが,その医師会でさえ結構以前から医療崩壊の危機に関しては定例記者会見や一般向けのサイトで何度となく告知していました。各種学会・医療団体も程度の差はあれ同様です。けれどそれをメディアが取り上げなければ社会には伝わらないし,世論が動かなければ政治の動きも鈍いでしょう。ssd先生が指摘されているとおり,それは逃散による医療崩壊が進んでようやく実現しつつある,というのが事実なのです。


「何をしてきたと言われたら、医者は医療をしていた」という発言(元の発言がこの通りだったとして)の意図するところが,「医療以外に関わりたくない」であれば,社会の一員としては無責任,と指摘されても仕方がないと個人的には思います。患者さん個人との関わりを考えても,その患者さんの社会的背景をまったく無視して治療するというのは,特に慢性疾患であれば考えにくいことです。医療に従事する以上は,社会との関わりを断ち切るわけにもいかないでしょう。もっとも,これは当方が医師として働いてきて,ここ2〜3年で考えるようになったことです。それまではどちらかというと「医療以外に関わりたくない」に近かったかも知れません。

ただ,「医者は医療をしていた」という発言が言わんとしているのは,現状を考慮すれば,どちらかというと「医療以外に関わりたくても関わる余裕がなかった」という意味合いじゃないかという気もしますが…。であれば責任云々というのは酷だと思います。


ついでながら,「『1日24時間、番組に穴を開けないために必死だった』と答えるのと一緒」は何に対してなのかが不明ですが,もしそれが医療崩壊を伝えてこなかったことに対してなのであれば,それは社会の一員とかいう話ではなく,まさにメディア本来の仕事をしなかった訳ですから,医師が医療以外と関わるのとはまったく別次元で,比喩にはなってませんよ…と言いたいところですが,憶測なのでこれ以上は控えておきます。