読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底の浅い批判

医療政策 報道


ワクチンが当日中に使い切れずに破棄することを非難するのであれば優先接種対象外であっても使い切ることに対しては「柔軟な対応」として評価して然るべきだし,逆に優先順位を守らないことがいけないのなら余剰分を捨てた医療機関についてはキチンと評価するのが筋だと思うのですが,見ている限りそういう建設的な議論をするつもりはない模様です。「優先順位」を金科玉条の如く掲げることはあっても医療機関が国と交わした「白紙契約」がいかに一方的で非合理かつ非条理なものなのかは決して取り上げられませんし,それ以前に,そもそも「優先順位」をつけて不足感を煽るような供給しかできないような長年のワクチン行政に根本的な原因があることを認識しているかどうかも疑問です。今回の「新型」インフルエンザが比較的弱毒であったのは僥倖であって,こうした底の浅い批判に終わっていては,行政がこれから強毒型インフルエンザへの体制を整える機会を逃すのではないかと危惧します。