読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢者医療制度素案

医療政策


高齢者医療、65歳以上は国保に加入 厚労省が新制度素案 - 日経新聞

厚生労働省は、65〜74歳と75歳以上を区分した現行制度に代わる新しい高齢者医療制度の素案をまとめた。65歳以上は原則として、自営業者や無職の人が加入する国民健康保険国保)に加入する。ただ、現役世代とは別勘定とし、医療の実態にあわせ、応分の負担を求める。保険料率は都道府県単位で決める。2013年度の創設を目指すが、負担の調整で曲折も予想される。

この素案作成に民主党がどのくらい関わっているのか分かりませんが,とにかく後期高齢者医療制度は廃止しなければいけない事情と,高齢者の医療費は抑制したいという意向のあいだで生まれた妥協案ということなんでしょうか。「現役世代とは別勘定」「医療の実態にあわせ、応分の負担」ということなので本質的なところは変わっていないようにも思えますが…。応能負担という話はどうなったんでしょうか。そういえば年頭に「団塊世代も相応の負担を」という社説がありましたが,もしかするとこのあたりと絡んでくるのかもしれません。