読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの存在意義


某朝の番組で口蹄疫に関する情報を伝えたあとにキャスターが「われわれがここにいてできることは何もありません。国にしっかりやってもらわないと」という主旨のコメントを述べていました。まあ確かに「絵」を撮るためだけに現場に乗り込んでも足を引っぱるだけですから*1,報道は分かっていることを正確に伝えるという本筋の仕事をすればいいだけの話です。もっともこれまでまさにそういうことをさんざんやってきたひとたちが今更「分かっていたけどあえて報道しなかったんだよ」と仰っても説得力はないですけどね。だったら今後地震や噴火やインフルエンザのときも本筋の仕事に専念して頂きたいものです。まあ,メディアに対して発生初期において事の重大性を認識していなかったと非難するのは後知恵なんでしょうけど,そうかと思えば専門家や現場の担当者に対してまさにそうした後知恵批判を始めるというあたりが浅はかというか,自分たちに同じ批判が返ってくることに想像も及ばないんでしょう。


 

*1:ちなみに番組は違いますが同じ局が消毒もせずに現場に突撃した模様orz