読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷静な対処を2

報道


厚労相「診察拒否は医師法違反」 新型インフルで - 東京新聞

舛添要一厚生労働相は6日、新型インフルエンザ発生国への渡航歴がないにもかかわらず、発熱などした人が病院で診察を断られたケースが相次いでいることについて「医師法違反だ。医者の社会的義務として対応してもらいたい」と、不快感を示した。新型インフルエンザ対策に関する厚生労働省内の会議で述べた。
発熱などの症状を示した人への診察拒否については、東京都が5日までに92件を確認しており、厚労省も全国の実態把握に乗り出している。

「診療拒否」の報道が各紙で掲載されたのが(少なくともWeb版では)5月5日以降ですから,実際に診察を断るに当たり正当な事由があったのかどうか確認する時間があったとはとても思えません。この報道通りの発言だとすれば,現場に確認せずに東京都などの行政側の情報を鵜呑みにして「医師法違反」と断じている可能性が高いわけで,厚労省の長としてはきわめて冷静さを欠いた対処に思えます。

立場が立場だけに非常に緊迫した状況にあることは分からなくもないですが,ある意味,そういう状況の時こそ本性が垣間見えてしまうのかもしれません。もちろん報道されないだけで何らかの配慮はしているのかもしれませんが,少なくとも当方はこの記事を読んでかなり失望しました。

それにしても新型インフルエンザの蔓延を防ぐ努力の一方で,「診療拒否」した病院の把握にまで乗り出すなんて随分余裕があるんだなあと思われたら厚労省のなかのひともいい迷惑じゃないでしょうか。